MENU

ベリーカードでお悔やみの気持ちを伝える弔電の特徴について

電報はお祝いを伝える嬉しい祝電だけではなく、訃報へのお悔やみを伝える祝電もあります。
ベリーカードでは急な訃報にも慌てることなく安心して利用できる弔電を用意しています。

 

弔電を送るタイミングは?

 

訃報の知らせを受けたらお通夜や葬儀、告別式に参加できるよう、まずは予定を調整しますが、参列できない場合に弔電を送ります。

 

 

弔電を送るには送り先となるお通夜、葬儀、告別式の場所と日時を正しく確認しましょう。
どのタイミングで送っても構いませんが、できることならば通夜までに届けておきたいところです。

 

遅くとも告別式の前には届くように手配しますが、何らかの手違い等で電報が遅れてしまうこともないとは絶対に限りませんので、早めの対応を心がけます。

 

ベリーカードでは即日全国配達に対応しているので安心です。
送り先の宛名は、喪主のお名前で届けるのが基本ですが、喪主以外の方に電報を届ける場合は喪主宛として、電報を渡したい人の名前も書いて手配します。

 

どんな弔電をどう送ればよいのか?

 

弔電に書くメッセージは内容だけでなく、言葉の選択、言い回しなども注意が必要です。
普段使い慣れない言葉や言い回しも求められ、自分で一から考えるのは難しい方も少なくありません。

 

 

難しい場合は、ベリーカードで用意されています豊富な文例を参考にしましょう。
一般的なお悔やみ文例はもちろん、ご家族それぞれの葬儀、社葬、キリスト教式や英文での文例もベリーカードは用意しています。

 

弔電のメッセージカードはシンプルから高級感ある素材にこだわったカード、プリザーブドフラワーや生花、お線香をセットにしたパッケージも用意されています。
ベリーカードならいずれも全国即日配達に対応しています。

 

弔電について分からないことが多い方でも、ベリーカードでは弔電についてしっかり解説も行われているので、正しくお気持ちを伝えることができます。
哀悼の気持ちを、豊富な商品ラインナップから選び、いたわりの気持ちを送りましょう。

ベリーカードで弔電のお悔やみの言葉を送る際、失礼のない文例

弔電はメッセージの内容に十分に気を付けなくてはいけません。
ご遺族たちに対して失礼にあたるのはもちろん、故人に対しても不快と思われてしまうような内容は絶対に避けなくてはいけません。

 

 

使ったら失礼になってしまう言葉

 

内容だけでなく弔電は言葉使いや言い回しなど、細かいところまで細心の注意を怠ってはいけません。
たとえば不幸が続くことを連想させかねない、たびたび・いよいよ・ますます・重ね重ねなどです。

 

またとんだこと・とんでもないといった悪事を連想させる言葉、不幸を連想させかねない・九を苦・四を死というような言葉、直接的な生死を意味する・死亡・死ぬ・生きるといった言葉なども避けます。
自分では正しいと思って書いてしまった言葉でも大変な失礼となることもあります。

 

あらかじめ避けるべき言葉をチェックしておいて、失礼のないメッセージに仕上げましょう。 

 

宗教言葉にも十分に注意

 

日本の一般的なお葬式は仏教にならって行われますが、ご遺族がキリスト教式のお葬式を行っている場合もあります。
この場合は宗教的に不適切な言葉も出てきてしまうため、なお注意が必要です。

 

たとえばキリスト教式の葬儀の場合、仏教用語として使われる、冥福・成仏・供養・あの世・お悔やみといった言葉を使うことができません。

 

そもそもの死という概念が、仏教とキリスト教とでは異なるためです。
キリスト教にとっての死は主のもとに帰っていくという喜びあるものですから、悲しむような言葉は不適切となってしまうのです。

 

 

弔電を送るとなると、どうしても仏教式による一般的な文例で送ってしまうのが当たり前となってしまいます。
しかし宗教的ミスを犯さないためにも、念のためご遺族がどのような信仰を持って、葬儀を行うかを前もって確認した上で、メッセージを仕上げましょう。

 

弔電は難しく考えることなく、哀悼の気持ちを率直に伝えることが大切ですが、使い慣れない言葉となると、やはり難しくなってしまいます。
ベリーカードであれば豊富な弔電文例から適切なメッセージを選択することができるので、困った方は無理せず活用しましょう。

ベリーカードとNTTの電報サービスの比較。使い勝手、種類、値段など

数ある電報会社の中でも利用しやすいと注目されているベリーカードですが、大手と比べたら実際のところはどうなのでしょうか。
サービスの特徴について、大手NTTを代表にして比較してみましょう。

 

ネット申込に特化した高品質低価格のベリーカード

 

ベリーカードは株式会社ヒューモニーが提供する電報サービスで、高品質ながら低価格電報を実現しています。

 

全国一律税抜1280円からの価格で用意し、さらに代金はメッセージからカード、送料も込みとなっています。
メッセージ文字数は350文字と豊富です。

 

カードやギフトパッケージの選択で料金が変化します。
ギフトにはキャラ電報やバルーン電報、フラワー電報など豊富な100種類以上のラインナップで、定型文は約700種類のオリジナルを用意しています。

 

配達は14時までの申込で一部地域と商品を除いて全国即日配達に対応しています。
インターネットからのみの応募に対応しており、ネット環境さえ手元にあれば手間なくすぐに申込可能です。

 

その他、法人企業向けサービスや、独自の懸賞電報サービスを展開しています。

 

大手NTTの電報サービスの特徴

 

電報といえばやはり電話会社は定番で、NTTによる電報サービスも人気です。
電報の申込はインターネットと電話で対応しており、インターネットからであれば簡単手軽に申込でき、費用も電話申込よりもややお得となります。

 

料金は文字数に応じて変化します。
一般電報65文字程度であれば税抜920円ですが、66文字以上となると5文字増毎に税抜60円が加算されていきます。
慶弔電報の場合は一般料金よりも高く設定されています。

 

また別途台紙料金も必要です。
電報商品としては豊富なカードデザインを揃え、カタログギフトやフラワー、キャラクター電報を用意しており、メッセージサンプルは約1700種類です。
配達は19時までの申込で当日配達に対応しています。

 

ベリーカードとNTTを値段のみで比較したら、圧倒的にベリーカードの方がお得ですし、使い勝手も総合的に比較してみればベリーカードのほうが気軽感もあります。
ただNTTの19時までの申込で即日配達はベリーカードのサービスを上回ります。

電報料金は他社より安いの?ベリーカードのコスパについて

低価格で電報を送れるとしてベリーカードは人気が高まっていますが、他社と比べて本当に電報料金は安いのでしょうか。
ベリーカードの本当のコスパについて、また安さの理由について探ってみましょう。

 

ベリーカードは一般的な電報料金の約3分の1

 

ベリーカードの電報料金を他社と比べた場合、一番安いというわけではありませんが、平均的な電報料金からすると非常に低価格です。

 

たとえば大手のNTTや日本郵政で見てみると、100文字の電報を送るのに台紙料金とメッセージ料金を合わせて約2000円からとなります。
それと比べるとベリーカードは1280円から利用でき、しかも文字数は350文字まで一律料金です。

 

これは一般的な電報の約3分の1の料金設定となっています。
電報サービス会社はたくさんあり、中にはベリーカードの一律料金よりも安い料金設定とするところもあります。

 

ただし申し込みの手軽さや当日配達、豊富な商品ラインナップといったベリーカードの充実性をも考えた上での料金と考えればベリーカードは非常にコスパに優れています。

 

高品質ながら低価格を実現した理由

 

他社と比べて安いため、ベリーカードは質が劣るという心配はありません。
先に書きました通り、ベリーカードは低価格としつつも充実したサービスを提供しています。

 

低価格の理由はまず、インターネット限定サービスという点です。
申し込みをインターネットに限定して特化することで中間コストを大幅に削減し、電報料金に反映しています。

 

また通常の電報のように文字数によって追加料金を発生させることなく十分な350文字の一律料金とすることで、手間を省いています。
さらに独自の物流ネットワークを展開し、全国300か所の連携効率化によりコスト削減と即日配達体制を実現しています。

 

安いこともベリーカードの魅力ですが、安いうえにサービスが充実しているからこそ、他社ではなくベリーカードを選ぶ人が多い本当の理由です。
料金を抑えたいだけでなく、素敵な電報で喜ばれたい方にもベリーカードはおすすめです。

ベリーカードで電報が届くまでの時間は?申し込みはいつまで?

電報はお申込みしたらすぐに届くイメージがありますが、実際には電報サービスや送る商品、お申込みのタイミングで異なります。
ベリーカードでは電報が届くまでの時間や申し込みのタイミングはどのように設定されているのかを確認してみましょう。

 

最短は14時までのお申込みで当日お届け

 

定番のベリーカードやビップカード、デコレーションカードなどが全商品のうち、届くまでの時間が最短です。
14時までのお申込みで当日のお届け、14時から18時までのお申込みで翌日10時までのお届け、18時以降のお申込みは翌日のお届けになります。
最短お届け対応商品以外の届くまでの時間は商品により異なります。

 

たとえば、ぬいぐるみキャラ電報は17時までのお申込みで翌日10時までのお届け、17時以降は翌々日10時までのお届けとなります。

 

またバルーン電報は17時までで翌々日以降、17時からは3日後、ブリザーブドフラワーやカタログ電報は18時までで翌日10時まで、18時からは翌々日10時までのお届けとなります。
商品により届くまでの時間は異なるので注意しましょう。

 

サプライズ便の利用でもっと早く

 

通常では14時までのお申込みで最短当日お届けとなりますが、サプライズ便を利用すればさらにお急ぎでメッセージを届けることができます。

 

お申込みは14時までを3時間延長して17時までの受付で当日配達を可能とし、お申込み後3時間以内のお届けを約束しています。
17時から翌日9時までのお申込みでは翌日午前9時からの3時間以内のお届けとなります。
料金はサプライズ便利用料金として通常料金に税抜700円が追加されます。

 

なお、サプライズ便の対応地域は東京都23区内をはじめ、全国の一部地域に限定されており、また対応商品もベリーカードとビップカードのみなので注意しましょう。

 

ベリーカードは最短当日のお届けをお約束していますが、商品によってはお届けに時間がかかることもあります。
当日お届けするには、対応の商品をいつまでに申込みすれば可能なのかを確認してから利用しましょう。

申し込みから3時間以内で届けられるベリーカードのサプライズ便とは

ベリーカードの当日配達受付の14時を過ぎてしまってから当日にどうしても送りたい電報ができてしまったとしても、まだあきらめることはありません。
サプライズ便を利用すれば14時を過ぎても、しかも申し込みから3時間以内に電報を届けることができるんです。

 

17時までの申し込みで3時間以内に当日配達

 

ベリーカードのサプライズ便は、通常の配達スピードでは間に合わない電報をどうしても送りたい方のための特別サービスです。

 

サプライズ便を利用すれば、お申込み後の3時間以内のお届けを約束し、通常は14時までの当日配達申し込みも、17時まで延長して対応しています。
対応商品は高品質ながらリーズナブルな定番商品のベリーカード、特別な方への高級な電報を用意したワンランク上のビップカードです。
料金は通常電報料金にサプライズ料金の700円を加算して、ベリーカードは税抜1980円、ビップカードは税抜2620円です。

 

申し込みは通常の申し込みと同じようにインターネットサイトから簡単に手早く入力可能で、10分もあれば申込を完了、3時間以内に大切な人に電報をお届けできます。

 

配達地域と対応商品を限定したサービス

 

お急ぎの方に嬉しいサプライズ便ですが、サービスの対応地域は限定されているので注意してください。
対応地域は東京都23区内、名古屋市内、大阪市内、福岡市内、一部を除く札幌市内となっています。

 

該当地域以外は残念ながら非対応のため、通常の14時までの申し込みを利用しかできません。
対応地域であれば、基本的には9時から17時までの申し込みで3時間以内のお届け、17時から翌日9時までの申し込みで翌日午前9時から3時間以内の配達になります。

 

また対応商品はベリーカードとビップカードのみとしています。
デコレーション電報やぬいぐるみキャラ電報、フラワー電報やバルーン電報などの他の商品はサプライズ便には非対応です。

 

種電も弔電もベリーカードを利用したいが通常よりもっと早く確実に届けたい、14時を過ぎてしまったが当日送りたいという方はサプライズ便を利用しましょう。
その際は対応地域と対応商品にだけは注意しましょう。

ベリーカードは初めてでも安心?電報の送り方の流れについて

結婚式の祝電や、訃報の知らせで弔電を送る必要ができてしまったものの、これまで電報を送ったことがなくて迷ってしまう方もいることでしょう。
そんな電報初心者の方でも、ベリーカードならば安心して利用できます。

 

初心者でも安心のベリーカード利用手順

 

ベリーカードは私たちの最も身近な存在といっても過言ではなくなったインターネット環境さえあれば、どなたでも簡単に素敵な電報を早急に送ることができます。
まずはベリーカードでの簡単な電報の送り方の流れを確認してみましょう。

 

サイトから送りたい電報商品を選択します。
商品は祝電か弔電か?どんなシーンに送るか?どんな商品を送りたいか?で自由に選ぶことができます。

 

豊富なラインナップから商品を選択したら、お届け先、お届け日時、お申込み者情報を選び、メッセージを入力します。
早ければ14時までの申し込みで即日配達となります。
支払いはクレジットカードが利用できるので、手続きはご自宅にてパソコンから、あるいは出先でスマホから少々の時間さえあれば完了します。
手続きがとても簡単なので、初心者でも迷うことはありません。

 

ベリーカードが初心者におすすめな理由

 

初心者が安心できる電報の送り方は、インターネットからが一番です。
フォームに入力するだけなので、流れが単純です。
ネットから申し込みできる電報サービスはベリーカード以外にもありますが、それでもベリーカードが初心者におすすめという理由をいくつかあげてみましょう。

 

まずは料金設定が一律なので利用料金が分かりやすいことです。
文字数350文字までを一律税抜1280円からと、しかも低価格で利用できます。
商品ラインナップも約100種類と豊富なので喜ばれるものをお好きに選ぶこともでき、また文例も約700種類を用意しているので初心者でも適切なメッセージを選択できます。

 

お届けも14時までならば即日配達も可能と、早急性にも優れています。

 

ベリーカードは初心者が分かりやすく安心して利用できるだけでなく、低価格で、しかもサービスが大変充実しています。
初めての利用で選ぶのはもちろん、引き続き長く安心してご利用を楽しむことができます。

ベリーカードで用意されている台紙の種類の豊富さについて

いくら利用しやすい電報サービスでも、台紙の種類が少なくては選ぶ楽しみも送る楽しみも欠けてしまいます。
人気のベリーカードなら利用しやすいだけでなく、台紙の種類も豊富に揃っています。

 

リーズナブルながら高品質で豊富な定番台紙

 

定番ベリーカードラインナップではさまざまなお祝いごとの祝電から弔電まで、豊富な台紙を用意しています。
祝電では素敵な花の写真や可愛いイラストが描かれた台紙など、弔電では落ち着いた上品な台紙が複数揃っています。

 

祝電弔電共に税抜1280円の商品カテゴリ中最もリーズナブルな価格です。
ワンランク上のビップカードラインナップも定番です。
やや台紙の種類が少なくなるものの、和紙などの素材にこだわった格調高いデザインの台紙を用意しています。
ベリーカードの写真やイラストが基調だったデザインに対し、ビップカードは素材の良さを生かしたシンプルな大人向けのデザインです。
価格は税抜1920円と、高級志向の台紙ながら低価格を実現しています。

 

飾り物としても楽しめる台紙も豊富

 

シンプルな定番カードも素敵ですが、飾り付けが面白いデコレーション電報も人気の台紙を揃えています。

 

開いたときのポップアップが可愛らしい、キキ&ララカード、ハッピーバースデーカード、スィートウェディングカード、ロゼブルームカードは、メッセージを楽しむだけでなく飾り物としても喜ばれます。
他にもフォトフレームを備えたカード、水森亜紀さんのイラストがキュートなカードなども用意されています。
ラインナップは祝電のみです。
また押花や刺繍、西陣織が繊細で美しい台紙は、祝電、弔電共にベリーカード商品の中でも特に人気です。
価格は税抜1800円から2800円と、台紙により異なります。

 

ベリーカードは台紙が豊富というのはもちろん、高品質でありながらとても低価格というのも人気の理由です。
料金もカード代とメッセージ代なども含まれ一律なので分かりやすく、利用しやすいと好評です。

ベリーカードの口コミ情報

たくさんある電報サービスの中からどれを選んだらよいのか悩んでしまうこともありますが、その際に一つ参考とするのが口コミでしょう。
電報サービスの中でも使いやすいと評判のベリーカードには、どんな口コミ情報が寄せられており、使いやすい理由はどのようなものなのでしょうか。

 

ネットから簡単リーズナブルで全国即日配達

 

まず一番に聞こえてくるベリーカードの喜びの口コミ情報が安さです。

 

全国一律料金設定の格安料金設定は、従来の電報料金の約3分の1を実現しています。

 

これは独自のインターネットからの申込みに限定することでコストを削減したことで実現した低価格で、さらにはネットから誰でも手軽に注文できることで、リーズナブルというだけでなく利用しやすさも大いに喜ばれています。
電報ならではの早急対応にも、もちろん優れていて、全国即日配達可能という点も忘れていません。

 

格安で手軽に利用でき、サービスも十分という、不満の付け所がないベリーカードのすべての魅力が、多くの方に好評となっています。

 

贈って喜ばれる電報商品がバラエティ豊富

 

電報として言葉を送るだけでなく、合わせて商品を贈ることも今や電報サービスとしては当たり前となっており、それについてもベリーカードの充実性を喜ぶ口コミが多くあげられています。

 

ベリーカードでは100種類以上の商品ラインナップを揃えており、定番のフラワーギフトにカタログギフト、バルーンやキャラ電報もあり、またカードデザインも豊富で祝電と弔電、どちらでも様々なシーンで活用されています。
定型文は700種類も用意されており、自分の言葉を選んで贈ることも、もちろん可能です。

 

低価格性、インターネットで利用できる手軽性、そして選んで送って喜ばれるバラエティ性に、即日配達の電報ならではの早急性というように、ベリーカードは電報に求められているサービス性をすべて兼ね備えています。
多くの方に喜びの口コミが寄せられるのも納得のサービスですから、数ある電報サービスの中から選んでも決して失敗はないでしょう。

利用する前にチェック。ベリーカードの評判はどうなの?

電報サービスはたくさんあるものですから、実際に利用したことがある方の評判も参考にして選びたくなるものです。
ベリーカードには、はたしてどんな評判が寄せられているのか?
利用する前に多く寄せられている評判についてチェックしてみましょう。

 

良心的な料金設定なのにサービスも充実

 

ベリーカードの評判で特に多く見られるのが、料金設定は良心的で分かりやすいといった声です。
通常の電報料金は少ない文字数に料金が設定されており、そこに文字数が加算される毎に料金も増していく設定です。

 

しかも文字料金とは別に台紙料金もかかるため、分かりにくく、想像以上に高くなってしまうこともあります。
ベリーカードはこのような電報利用者の悩みを解決する一律料金を設定し、最も安い定番商品では税抜1280円を実現しています。

 

この料金には台紙料金も含まれ、文字数は350文字までと余裕があります。
ベリーカードより安く利用できる電報サービスもありますが、低価格なだけでなく分かりやすいです。
さらに加えると即日配達にも対応しているというサービスの充実性が、一番の評判の理由となっています。

 

ベリーカード独自の魅力もたっぷり

 

電報は大切な人に気持ちを送る重要な役割を担っていますから、ただ安くて便利というだけでは人気を集めることはできません。
ベリーカードは低価格としながらも、商品に独自の魅力をしっかり持たせているところがまた素晴らしいと評判です。

 

たとえば結婚式に送る祝電商品でみてみると、定番のフラワーやカタログギフト、ブリザーブドフラワー、バルーンなどの商品を豊富に揃えています。

 

またウェディングドレス姿のリカちゃん人形、お祝いボイスを収録したガチャピン&ムックといったユニークなキャラクター商品も用意しています。
ベリーカードでしか届けることができない魅力的な電報があるという点も、たくさんある電報サービスから選ばれている理由です。

 

使いやすくて低価格、それでいて独自の電報商品も魅力たっぷりということで、ベリーカードは大変好評のようです。
もちろん、他社には他社の魅力がありますが、評判を頼りにベリーカードを利用してみても、決して損がないことは間違いありません。

 

結婚祝いや誕生日はもちろんのこと、両親の金婚式プレゼントなどにもよく選ばれています。
それだけではありません。
日本は長寿大国でもありますから、よく長寿祝いにも利用されています。

 

とくに団塊といわれる世代の方がちょうど70歳の古希を迎えていることから、古希祝いプレゼントとしても人気です。
メールやラインなどデジモノが大流行りの中、電報を贈らない人は増えています。
でも、そんな時代だからこそ、電報を受け取るとすごく嬉しいものです。
お祝いに祝電を!